THE ZEN WARS

THE ZEN WARS EPISODE8 ~お山配役 鐘司~

我々のいる寮舎は、看読寮であるが、またの名を「鐘司寮」ともいう。

というか、鐘司寮が本来なのであるが、まずはじめに勉強をすることが大切なので、看読寮なのだと思う。

鐘司、文字の通り鐘を司るのである、山内の数々の鐘を鳴らすのであることは前述したとおりだ。

係りでいうと、鐘司當番は、みんなより30分前に起きる。

そして、起床時間の振鈴が鳴ると、坐禅をはじめる合図のための「木版」を鳴らす。

その後、お袈裟を着けて「鐘鼓楼」(鐘と太鼓などがある建物)へ行く。

「鳴鐘の偈」(めいしょうのげ)というものを唱え、三拝する。

そして、3名のカラス(合図を送る係り)の合図を経て、「点掛け」(てんがけ)というものが始まる。

木製のバットで太鼓と鐘を思いっきり鳴らすのである。

これは、時を知らせるものなので、

太鼓で時間を、鐘で分を知らせる、これを聞くと今何時何分なのかが分かる仕組みなのだ。

その後、坐禅のための鐘を鳴らす。

これを「暁天鐘」というが、中中小大で打ち出したら、

20秒後に大を9回(15秒間隔) 小を26回(6秒間隔) そして大

20秒後に大を9回(15秒間隔) 小を25回(6秒間隔) そして中大

20秒後に大を9回(15秒間隔) 小を24回(6秒間隔) そして中小大

と、20分弱で108回を鳴らすのだ。

これで煩悩がふり払われるという仕組み。

終わると、またバットを持って点掛けで時間知らせ、

次には「大開静」といいい雲版(青銅製の板)を電気を付けたり、打てと言う合図に合わせ、

さらには、遠く向こうで鳴る鐘や木版と交互に合わせながら打って、

僧堂のみんなを導いていくのである。

そして、まだまだ引き続き仕事がある。

そのまま、法堂(はっとう)(本堂)へ行き、またそこにある鐘鼓楼に登り、

修行僧のみんなが来るのを待つ。

内陣(本堂の奥)からの合図で、法堂の大きな鐘を鳴らし、上殿の合図を出すのだ。

三会を打ち上げていくのだが(3セットの区分けして、ゆっくりから早く打っていくこと)

誰が何処を通り過ぎたかに合わせて、打ち上げるのだ、

瞬きひとつ許されない状況なのだ、しかも、ここは法堂!

お山の中で一番静粛であり、一番神聖であり、一番怖いところなのだ。

一打間違えただけで、あとでお仕置きをくらうことも稀ではない!

僕もお山にいる1年3か月の間に、2打よけいに打ったおかげで、

1時間30分ほどの正座と合掌を余儀なくされたことが二度ほどある。

朝課中も、お経に合わせたり、

供頭(くじゅう)(法堂を仕切る恐ろしい人々)の動きに合わせ、鐘や太鼓を鳴らす。

めでたい時などは、4人がかりで太鼓を鳴らしまくることもあるのだ。

まるで鼓童のような状況だ!

朝課の後に諷経(法要)などがあると、それを繋ぐために鐘を鳴らす。

導師が代わるか代わらないかで打ち方が変わる、

すべてが終わっても、走って、最初の鐘鼓楼に上がり食事のための雲版を鳴らす。

これが鳴らないと、みんなの食事が始まらない、

打ち終わって、走って食事会場へ向かい、みんなが食べ始めている中に入り、

朝の食事を頂くのだ。もちろん、ごちそう様は一緒である。

これでひと段落ではあるが、お粥とはいえ、食べた気がせず、

食後は、またもや看読寮での朝課と説教なのだ・・・・・・・・・

他にも、鐘司ならではの仕事もある。

鐘司非加番は、大梵鐘というものを叩く役目がある。

これは、お山の中でも、たった一人に与えられた役柄だ。

日本一級の大きな鐘!

ゆく年くる年に出てくるような、最大級の鐘を鳴らすのだ。

大きさは、高さ3メートルはあるであろう、アルファードよりもでかい鐘が吊るされているのだ。

さらには、長さ1.5メートルはある撞木(しゅもく)(吊るしの棒)を大きな綱を両手で持ち、

力いっぱい叩きつけるのだ。

事細かい作法がある。

まず、三宝殿へ行き、「拝敷」(はいしき)(お拝をするための敷物)を借りる。

借りるための「差定」(決まり文句、式次第)があり、一字一句間違っても貸してはくれない。

間違ったら何度でも、初めから繰り返すのだ。しかも、MAX声で。

やっと拝敷を借りると、梵鐘まわりの掃除をする、吊るし某を抑えてある南京錠も開け、

拝敷を定位置に敷、いざ10:55「鳴鐘の偈」(めいしょうのげ)を唱え三拝。

11:00 お堂のヘリに両足をかけ、吊るし某の縄を両手で持ち、

全体重を吊るし棒に預けるように、身体を後ろに反らせ、

全身全霊の背筋力で吊るし棒を前にふり払うのだ。

1回叩くごとに偈文を唱えてお拝をする。

90秒間隔で17回、最後は30秒間隔で18打目を叩くのだ!

そこへ、口宣を言いに必ずといっていいほど古参がやってくる。

やれ、拝敷のたたみ方が悪いだの、音が小さいだのと言いに来るのだ。

ある古参は、音が小さいからもっと両足を踏ん張って、身体をのけ反らせて打つんだ!!といい、見本をみせた。

その後、僕が同じように打った。だんぜん、僕の音のほうが大きい。

それはそうだ、その時、僕はまだ現役全日本デモだった。(任期中だったので)

選手は引退しても、まだまだ筋トレが趣味だった。

背筋はおよそ240キロはあっただろう。

誰に口宣入れてるの?などと思いながらも、僕らにはハイをいう返事しか許されない。

なので、「今度からは、そうういうふうにやれよ!」と言われて、「ハイ!!」とMAX声で返事をするだけなのだ。

あの、地響きにも似た、町中を「ゴーン~~~」という音は、疲れた身体を震わせ。

高台に登れるというだけで、ちょっと抜け出した気分になれる大梵鐘は、僕にとっては、

一番のストレス解消なのであった。

そんな鐘司のお役、ここ看読寮には、摩訶不思議なお役があるのだが、

今後、ず~~~っと、あの「差定」という悪魔に付きまとわれることを、

この時、僕は知る由もなかったのだ!!

Posted on 2011.10.02

このページの先頭へ

THE ZEN WARS Episode 7 ~修業僧の夜明け~

ついに始まった看読寮生活!

4時30分に起き、

暁天(朝の坐禅)

朝課(朝のお勤め)

そして小食飯台(朝食)

もちろん、朝ご飯はお粥である。

ご飯を食べるのも作法があり、5分ほどの唱え言を唱える。

そして、みんな一斉にいただきますをして静かにいただく。

箸の置き方、器の持ち方置き方も決まりがあり、音を立てずにいただくのだ。

約3分から5分でおかわりタイムとなる。

これを再進(さいしん)というが、この再進をしても、その後2分後にはご馳走様なので、

その辺は駆け引きが必要となるのである。結局、朝食べれるのは、最大でもお粥1杯半ということになる。

そして、小食が終わると、看読寮朝課。

これもお経の練習のようなものでもあり、修行僧や師匠たちの健康を願う法要でもある。

新倒全員でMAX声でお経を読む、すさまじい修羅場的お経タイムなのである。

ここでも、若干説教タイムがあり、その後、ついに長廊下清掃に入る。

これが総持寺の端から端までの板廊下を雑巾2枚で拭いていくのだ。

もちろん、両手を雑巾に乗せ、四つん這いのまま一気にダッシュ!

途中、数か所のバケツポイントがあるが、そこでは雑巾を洗い絞るのみ、

休んでいれば、古参からの罵声が飛ぶ!!

その距離約1キロ!

そして、これは中食(ちゅうじき)(昼食)の後にもおこなわれる。

朝は、ここまでがノンストップで続き、

その後は、その日の法要や作務(さむ)(掃除)をおこない、

昼、夕方までこんな感じであり、何も無い時間に、お勉強や洗濯を済ませるのである。

大変なことといえば、まだある。

お勉強は、もちろん大衣(だいえ)(黒い着物)姿でおこない、自分のカンキの前。

トイレに行くときは、トイレの前で大衣を脱ぎ、トイレから出てきたら再び大衣を着るし、

洗濯の時は、作務衣(さむえ)(作業着)に着替えておこなわなくてはならない。

とにかく修業中は、着物を着たり脱いだりする。

廊下の雑巾がけに行くにも、着物の着脱がキーポイントとなるのだ、

速く行けば、古参に消したてられる事も無い。

何をするにも着物の着脱が速いほうが、結構徳をするのだ。

F1でいえばピットインのようなもので、ここが勝負の分かれ道となるのだ。

夕方にはお風呂にも入る。

お風呂も約5分しか入る時間がないが、速く脱ぎ着ができれば1~2分は長く入れるのだ。

なので、我々にはゆっくり休む時間も無ければ、くつろぐなんて事も無い。

唯一あるとすれば、寝るという事!

そして、目を閉じると、すぐに振鈴(しんれい)(起床のベル)が鳴り響き叩き起こされるのである!!

 

Posted on 2010.10.20

このページの先頭へ

THE ZEN WARS Episode 6 ~看読寮の修羅場~

看読寮は、修行僧のいろはを叩き込む場所である。

鐘司もそのうちのひとつであり、全てでは無い。

我々新倒は、基本的に「はい」か「いいえ」をMAX声で返事することを命ぜられる。

しかも、人の話を聞くときは、合掌。

そして、相手の目を見てはいけないのだ。

さらに勉強をするためにカンキという戸棚を使うのだが、

そこではもちろん正座を強いられる。

ノートを書くにも正座。少し休むにも正座。

カンキは、約80CM幅の戸棚で上段、中断、下段がある。

上段には衣服などを、中段にはすぐに使う作務衣や大衣をしまう。

引き出しに勉強道具などをしまい、下段は開けておくのが鉄則だ。

しかも、そのカンキ。そのひとつを2~3人で使うのだ。

縦に3分の1のスペースを整頓しながら使う。

僕は、左がウメちゃん、右がコウゲンだったが、

ウメちゃんの荷物が崩れ落ちてきて、いつも修復するのに大変だったりもした。

まあ、まだ20歳の子供だからいいかなどとも思ったりするが、

もう20歳なのであるから、整理整頓ぐらいしてもらいたものだとも思ったりもする。

看読寮へ入って、初めのうちは、ノートの書き写しがメインであり、

それが終わっても、浄人という食事給仕係や水頭という掃除準備係の役をあてがわれるので、

まだまだ本当の辛さは味あわない。

が、そんな中でも自分や仲間たちが、いろいろと「けちらす」わけで、

なんなら、ケチラシまくっているわけで、

その反省を、夜にみんなでするのである。

これを「着座」といい、だいたい7時過ぎぐらいから始まる。

新倒全員が寮内で二手に分かれて対面に座り、人数が多くなれば各側2列にも連なる。

そして、全員が衣儀を整え、畳の縁に合わせて座る。もちろん正座。

普段は、法界定印であるが、人の話を聞くとき、いわゆる誰かが反省を述べているときは、

合掌して聞くのである。

その日、自分がケチラシテしまったことは、必ず皆の前で反省しなくてはならない。

古参和尚さんに口宣(くせん:指導)をいただくときももちろんだが、

質問されて答えられるまでも合掌が続く。

例えば、明日の法要の差定(さじょう:式次第のこと)を覚えている者と言われたら、

覚えている者は、合掌して「はい」と返事をする。(そろってMAX声)

その中から、誰か指名され、答えを述べる。もちろんMAX声。

途中に噛んだりしたりすると、初めから言いなおさなくてはならない。

忘れたりしようものなら、そこから御両尊となる。

御両尊・・・・・それは、はるかに厳しい。

御両尊・・・・・それは、はるかに辛い。

御両尊・・・・・正座をして合掌したまま、上半身を前に45度まで傾けて静止するのである。

覚えていなかったものは、既に御両尊をさせられているので、

かれこれ5分~10分は経っているであろう。

もし、カミカミな奴が指名されようものなら、まだまだ終わる気配はない。

やっと言い終え、身体を起こすと、着座は1時間を超え、2時間に達しようとしているし、

結局、御両尊は20分近くしていたことにもなったりする。

並んでいる者の中には、膝の痛みで悶絶する者も増え、

御両尊で背筋が悲鳴を上げ、全身痙攣している者もいたりするのは、日常茶飯事でもある。

そんな夜が来るのを、我々は只只恐れながら待つ毎日なのである。

Posted on 2009.11.15

このページの先頭へ

THE ZEN WARS Episode 5 ~看読寮の掟~

ついに100日禁足のはじまり。

そして、我々新倒が最初に配属されるのが、看読寮なのである。

読んで字のごとく、見て読んで、そして書く・・・・・・・

この寮をまたの名を鐘司寮という。

鐘を司る役であり、お山の鳴らし物を鳴らす係であり、

お山の諸々の諸作業を円滑に進めるための準備係でもある。

なぜ看読寮というかというと、その諸々の仕事の内容が綴られた帳面を、

自分のノートに書き写し、それを書き終えた瞬間から、仕事に従事するからなのである。

書いたら覚えている!!!これが、看読寮の掟なのである。

例えば、古参和尚さんが何か教えてくれたとする。

その時点で、我々はできるという理論なのだ。

書いたり聞いたら、すぐできる。失敗せずにできるであろう。

というとが、大本山総持寺の掟なのだ。

東京都スキー連盟で例えるなら、指導員研修会の理論において、

市野さんの講演を受講した時点で、全日本技術選に出場する実力がある!!!!!

ということになってしまう。

もし失敗しようものなら、話を聞いていなかったということになり。

着座の時間が長くなる。

この失敗を「けちらす」と表現するのだが、

毎日毎日、何かを「けちらさない」ように細心の注意と、勉強に明け暮れるのが、

看読寮員の定めなのである。

看読寮の仕事には、いろいろあれども、

代表的なのは、鐘司(しょうす)、直堂(じきどう)、水頭(すいじゅう)、浄人(じょうにん)がある。

メインとなるのは、もちろん鐘司。鐘や太鼓、雲版、木版を鳴らす。

この鐘司にも、ランクがあり、鐘司當番、鐘司加番、鐘司非加番、鐘司非々加番と四ランクある。

ここで大事なのは、その4名が連携して、朝の坐禅から朝課、朝の飯台までを的確に鐘を鳴らす。

その後も、事あるごとに一日中、合図を出す為に、何かを鳴らしているのだ。

やはり中でも超重要なのは、當番であり、この者は坐禅の始まりから途中経過、終了ならびに、

朝課の進行案内までもおこなうのである。

叩く物も叩き方も叩く回数も叩く間隔も事細かに決められ、

丸一日、夜九時の就寝に至るまで、お山の全ての時間を合図するのだ。

これを頭と身体に叩きこみ、袂にしまってあるミニノートをチラ見しながら鐘を鳴らすのだ。

だが、このミニノート、持っても良いが、見ているところを人に見られてはならない!

見られようものなら・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも、朝一の鐘も、本堂での鐘も打つ時は、鐘司長(ベルボス)さんが横で見ているので、

結局見ることはできない!

秘策はあるものの、鐘司という配役の中で、最も重要であり、

最も影響を及ぼし、もっともやりたくないけどやりがいのある仕事なのだ。

そんな、鐘司當番をきっちりするために、結局寝る間を惜しんで、勉強しなくてはならないのである。

なので、結局眠れないのであり、それでも鐘司當番は、三時半には起きなくてはならないのである・・・・・・

Posted on 2009.11.13

このページの先頭へ

THE ZEN WARS Episode 4 ~100日禁則の始まり~

100日禁則

それは、本山修行の始まりでもあり、そのものとも言える。

始まりにして最大の苦行!

持ち物は、決められたもの以外は厳禁。もちろん見つかれば没収。

決められた時間に決められた行事をおこない、

食べるものも朝、昼、晩の3食以外には何もなく、

あるのは、水道から出る水ぐらい。

外界とのつながりもシャットアウト。

電話もできず、新聞も読めず、手紙も書けないわけである。

無論テレビもラジオも聞けるはずもない。

朝4時に起き、坐禅に朝課、

朝はお粥のみ、そして看読寮看経(寮内法要)をしたら、そのまま着座(説教タイム)

終わってすぐに作務衣に着替え、全長1キロの廊下清掃では、雑巾2枚を持って床拭きだ。

すぐに寮へ戻り、着替えを済ませたら、お勉強。

法要がある時は、一日に10座以上の法要に参列し、

無い時は、何かしらの作務。

11時30に昼ごはんをいただき、すぐに再び長廊下作務。

午後の法要もしくは作務。

3時ころには晩課があり、4時45分に晩ごはん。

その後、入浴したら、寮に戻って、寮内清掃およびトイレ清掃。

7時ごろから8時30分頃まで着座でぎっちり説教され、

膝も腕も痛みはMAX、なんなら起きている間中、声はMAXなのである。

着座が終わって、新倒みんなで布団を敷き、寝る準備。

準備はするものの、すぐに寝れるはずもなく、

この9時過ぎが、唯一の便勉強時間なのである。

明日の法要の動き、配役の勉強、お経の暗記などなど・・・・

覚えることは、いくらでもある。

そして、また明日も4時から一日が始まるのである。

もちろん、ノート書きもこの夜の時間が集中して書くことのできる時間。

そんな、我々8名は、ノート提出の日が来てしまった。

結局、書き終えたのは二名だけ・・・・

僕とホウゲンのただ二人!

なんともチャレンジャーな我々は、もちろん再進を言い渡されたのである!

再進とは、もう一回という意味であり、

どんなときでも、再進といわれたら、もう一回なのである!

Posted on 2009.06.30

このページの先頭へ


1  2

布教師養成所という所
今年度で7年目となる曹洞宗の布教師養成機関、『曹洞宗宗務庁主催布教師養成所』。例えて言うところの、魁男塾的な布教師を磨き、僧侶を磨き、漢を磨く所です。不眠不休の五日間。年々睡眠時間が少なくなり、1日2時間という睡眠時間の中、全国から集まる7...
2017.06.10
シーズンオフ?
巷では、来シーズンへの準備が始まっている模様でありますが、私のシーズンオフはいつだったのかと言われると、定かではなく、月山に行こうと思っていたものの、結局行けずじまいな今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?私的には、とっ...
2017.06.04
大本山永平寺
此処は大本山永平寺!もはやスキーヤー率は20%台まで落ち込んできている今日この頃、和尚さん率は8割に近づきつつある今月今日。5月1日よりの本山布教師の役割を明日の15日で終えようとしております。ここは深山幽谷、坐禅修行の第一道場、お釈迦さま...
2017.05.14
完全和尚形態
いつもであれば、今頃は全日本スキー技術選手権大会に選手として参加している私。和尚となっても、スキーヤーであることが忘れられず、選手として復帰しつつも、3.11には、岩手県大槌町にて供養に随喜し、全日本会場に戻るというスタイルをとっていた私。...
2017.03.14
夏油は雪満載!
北海道以外は雪不足な今シーズン!ではありますが、ここ夏油高原は雪満載です。ツリーランコースは未だクローズですが、オンコースでも深雪が、まずまず満喫できております。-- iPhoneから送信...
2017.01.09